フラット35の住宅ローン・フラット35のお申し込み

フラット35の住宅ローンは金利や手数料を比較しましょう。

フラット35の金利・手数料・総支払額

フラット35の住宅ローンはこちら
もっと詳しく知りたい人は>>フラット35詳細はこちら

以前の住宅金融公庫とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

あなたが住宅を建てる場合、その建築費用を融資してくれる会社はどうして選ぶでしょう。

以前は住宅金融公庫法という法律に従って作られた機関の住宅金融公庫が人気でした。

しかし現在ではもう住宅金融公庫はありません。

平成19年4月に「住宅金融支援機構」と名前が変わったのです。

そして変化は名前だけではなくその住宅ローンも変わりました。

より新しく便利になったのです。

金融機関が貸しにくい場合に融資したり、銀行の融通を支援したりすることを目的としていました。

それは家を建てたい人みんなに貸してくれるわけではありません。

当然のことながら融資額にも上限があります。

もちろん審査も通常よりも厳しいと考えたほうがいいでしょう。

新築住宅を建てる場合、「フラット35」という住宅ローンを使うことになります。

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融公庫が提携して実現した「長期固定金利」の住宅ローンです。

名前の通り最長35年間、金利が固定のローンを借りることができるのです。

一般的に、住宅ローンの借入は借入金額も大きく、20年・30年という長期にわたります。

ご返済中に金利が上昇し、返済額が増加するようなことがあれば、そのローンを組んだ人のライフプランに大きな影響が出てきます。

フラット35は、借入時に返済額をすべて確定させる住宅ローンです。

お借入金を合わせたすべての借入金の年間返済額の年収に占める割合が、基準を満たしていること。

年収 300万円未満で、割合が25%以下 年収 300万円以上400万円未満で、割合が30%以下 年収 400万円以上700万円未満で、割合が35%以下  年収 700万円以上で、割合が40%以下使い道は住宅に限ります。

建設に付随して購入した土地であること2.取得時期が申込日の前々年度4月1日以降であること。

違いがでてくるのは主に金利と手数料で決まる総支払額だけなのです。

ほとんど違いが金利と安いフラット35のフラット35を選ぶのはです。

その一方、住宅金融支援機構では中古マンションでも長期修繕計画期間が一定の条件を満たしていれば35年返済の「フラット35」を使う事も出来ます。

もっと詳しく知りたい人は>>フラット35詳細はこちら